<   2015年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧

劇団だるめしあん「あの子の飴玉」

元気かかわいこちゃんども?
お前らのバブル兄さんだゼ?
バブル兄さんに逢いたくて逢いたくて震える西野カナなお前らに朗報。(西野カナ以外も可)

今度劇団だるめしあんの公演に出ます。
珍しく役者で客演です。
「エロでポップなファンタジー」がキャッチコピーの女子劇団なので漢劇団の僕は文化の違いに眼を白黒させてます。
「上手」とか「下手」くらいの頻度で練習場に「セックス」とか「バージン」とかの単語が出てきます。
先日さくえんのりんさんに
「じゃあこの台詞の間みんなまわりでセックスしててください。」
と言われたときには思わず
「は?!何いってんだお前?!」
と聞き返してしまいました。
あ、でもエロだけどポップなので乳首や陰部は露出なしですからご安心を。
あと長台詞が覚えられません。
頑張ってるので是非おこしを。

チケットは僕まで!

劇団だるめしあんイントロ公演

だるめしあん「あの子の飴玉」
 きらら「ぼくの、おばさん」


■イントロ公演とは
イントロデューシング公演…だるめしあん&代表・坂本鈴が強く影響を受けた団体・アーティストを紹介(introducing)していく企画。合同公演や美術・ダンスのタッグなど、様々な形でコラボレーションしていきます。

★イントロその① 劇団きらら
坂本鈴の「演劇の原点」。熊本の高校生だった頃、きららを観て感激し演劇をはじめる。作劇の師匠として、また女性の先輩として刺激を受け続けている超絶リスペクト劇団。今回はだるめしあんとの「サンドイッチ上演」を企画。

★イントロその② フライヤーデザイン
坂本鈴、ご執心のアーティスト。飲食店で偶然隣り合い、誘われるまま個展に。「だるめしあんの世界」との強い共通点を感じる。今回は宣伝美術を通して「だる×矢野」の世界観を発信。

 
■だるめしあん『あの子の飴玉』あらすじ
作演出 坂本鈴

「誰からどう思われるのかなんて気にしなくていいんです。」
元AV女優のお母さんがテレビで喋るのを見ながらコーヒーをすするお姉ちゃんは100人抜きの称号を持つヤリマンだけど、誰からどう思われるのか気になるあたしは清廉潔白な処女のフリをしたヤリマンだ。
道行く人にも嫌われたくないけど、でも性欲は抑えられない。
だからみんなを騙していたけどあまりに皆が騙されすぎて、
気がつくとあたしは清廉潔白な処女の神として、お母さんとお姉ちゃんを断罪する役回りになっていた。

えっちをめぐる社会とキャンディとあたしの話。

◆CAST
河南由良(劇団だるめしあん)、池田久美(しみみず)加藤ひろたか、源、清水泰子、 直江里美 (時間堂)、中谷弥生、中野あき(中野笑店)、中村健、朴贊革(ネコ脱出)、バブルムラマツ(劇団鋼鉄村松)、星野良明(留級座)、村山新(しみみず)、
   
◆STAFF
照明 佐野まゆみ (株式会社MOON LIGHT)
音響 緑川和寛
舞台監督 TAK4(創造集団池小)
 


■劇団きらら『ぼくの、おばさん』あらすじ
作演出 池田美樹

「あの歳になっても、したくなることあるとかなぁ」
父親が亡くなり、苦手な叔母と2人暮らしの青年・急一。
悶々とした日々を送っていたある日、20数年間音信不通だった伯母がやって来る。
「伯母」というにはあまりに奔放で魅惑的な彼女の出現で、停滞した日々が一気に色めき始める…。
きらら8年ぶりの東京公演、熊本弁の妙味に乗せてお届けします。

http://www.gkirara.com/ (「劇団きらら」で検索)

■会場
王子小劇場
東京都北区王子1-14-4 地下1F
TEL・FAX / 03-3911-8259

「王子」駅より徒歩5分。 JR京浜東北線は「北口」、東京メトロ南北線は「4番出口」から。北本通りを直進。「鑑定倶楽部」というお店の地下です。
http://www.en-geki.com/


■公演スケジュール
4月
15日(水)19時30
16日(木)19時30
17日(金)14時30/17時☆/19時30
18日(土)12時☆/14時30/17時☆/19時30
19日(日)12時/14時30☆/17時
☆印は劇団きららの演目です。

■チケット
・一般…前売2,800円/当日3,000円
・だるきらチケット…4,000円(要予約)
・高校生以下…1,000円
・リピータ割…1500円
(本企画のいずれかの公演を2回以上ご覧になる場合、半券をお持ちいただくと割り引きいたします。だるめしあん・きららどちらの公演をご覧になる場合でも、どちらの半券でも適用されます。)

■チケット取り扱い
CoRich ここにご自分のURLをいれてください。

※だるきらチケット取り扱い 
劇団だるめしあん→ info@darumesian.cranky.jp tel 090-1460-2303
劇団きらら→ kirara@sa.kcn-tv.ne.jp  tel 090-6424-1057

■ 「九州出身です!」「リツイートしました!」という方にはプチプレゼントご用意してます!

■当日のお問い合わせ
楽屋直通番号 03-3911-8142(公演期間中のみ)

■託児サービスあります(要予約)
イベント託児マザーズ TEL 0120-788-222
0才・1才2,000円 2才以上1,000円
 土曜の昼の回のみ、詳細はお電話にてご確認ください。

■協力
王子小劇場/黒澤世莉/劇作家女子会。/劇団劇作家/屋代秀樹/横道欄
[PR]
by bubblemuramatsu | 2015-03-27 13:29 | 日記